三重県松阪市からご来店のスバル TT2をワコーズ ハイパーS ATFを用いてトルコン太郎で圧送式にてオートマオイル交換です。

Camera走行距離は151418キロです。

走行距離の少ない時に2回ほど交換暦ありでそこから10万キロ近くは、ほったらかし状態とのことです。

いつも通りに交換前の現状確認の為、試運転とレベルゲージよりATFを確認。

Cameraサンバーさん4WDとトルコン太郎さんを交換効率のよい圧送式ATクーラーラインへ接続します。

リアエンジンなので横からですね。サンバーさんちょっと鹿さんと喧嘩したらしくシカメ面しております・・・(笑)

Cameraトルコン太郎さん起動とエンジンONで、まず現状の交換前のATフルードの状態です。

透明度なしの真っ黒です。

この距離ですからね・・・。がんばりましょう!!

今回は、パワーモリモリ感希望ということで重量車・ハイパワー車に最適な滑らかな変速フィーリングと高い動力伝達能力を両立したATFのハイパーSを使用します。

ここからゆっくりと数回に分けて入れ替えとミッション内部クリーニング(新油の洗浄効果でミッション内部をすすぎ洗いして剥がされたスラッジをフィルターで除去・回収)を開始します。ここがミソ!

CameraCameraCameraCameraCameraここまで新油入れ替えとクリーニングで始めの真っ黒から透明度のある赤い状態になり今回はここで交換作業終了です。

入れ替え作業終了後、肝心のATクーラーラインを強力な洗浄力のワコーズの2種類のパーツクリーナーにて洗浄いたします。ここがミソ!

作業完了後、試運転と油量の調整と取りきれなかった汚れをさらにゆっくり溶かしてATFに取り込んで汚れによるAT内の詰まりを予防とトルク伝達効率を引き上げてくれるワコーズATプラスを入れさせていただきました。

試運転・・・出だしからスーパーチャージャーのパワーがもりもりダイレクトにタイヤに伝わり背中を更に押してくれる感じが増しましたね!!

 

オートマオイルもエンジンオイルと同じで定期的に交換していただいてコンディションの良い状態を保つことを心がけてくださいね。

なにか不具合が発生したから交換するのではありませんよ。

交換をしなければ・・・

伝達効率も落ち、発進、加速も悪くなり、燃費も悪くなりますし、変速ショックが大きくなってきますよ。

オートマオイル(CVTフルード)はAT車の血液です。

オートマオイル(CVTフルード)交換は不可欠です!!

 

この度は遠方より当店のご利用誠にありがとうございました。またのご来店心よりお待ちしております。

PS:オーナーさんすごい人でした・・・。なかなか私の身近にいないので話が聞けて楽しかったです!!

 

ぜひ  ワコーズラッフルズオート 体感してみてくださいね!!

皆様のご来店お待ちしております!!!

IMG_0521

当店 ラッフルズオート は地域の皆様に安心・安全をご提供させていただくことをモットーに国内ブランドNo 1!こだわりのジャパンクオリティ!高性能・高品質!お客様から頂くブランドへの期待と満足に貢献の ワコーズ WAKO’S 正規取り扱い専門店 です。

お問い合わせ・ご予約は、工場長直通ホットライン 090-3053-9153