レックス

ワコーズ レックス RECS

速効性 吸気系洗浄システム

近年、カーメーカーは 燃料の 筒内直接噴射(直噴)や、EGR による多量の排出ガス再循環等の技術を駆使して環境問題への対応(省燃費・排出ガスの低減)をしていますが、これらのエンジンは、走行距離や走行条件に応じて 吸気経路燃焼室等カーボン・デポジット が堆積しやすく、長期間に渡る 環境性能の維持 が困難であることが課題となっていました。

 

※EGR って何?

EGR排出ガスの一部を吸気系に戻し混合させるシステムです。何故そのようなことをするのかというと、酸素含有量の少ない排気ガスを吸気に混ぜることで、燃焼温度を低下させる(排気ガス中の NOx 発生を低減)ことができるからです。CO や HC が多少発生しても酸化触媒で容易に浄化できますが、NOx は還元しないと浄化ができず、従来は触媒での対応が困難であったためにこのような対応をしています。

 

※筒内直接噴射(直噴)って何?

普通のガソリンエンジンは、吸気ポート内にインジェクターの先端が出ていて、吸気バルブ に向かってガソリンを噴射する「ポート噴射式」を採用している。このため吸気バルブの傘部は吸入行程で噴射されたガソリンで 洗浄されます
これに対し、直噴エンジン 燃焼室内に直接燃料噴射する ので、吸気バルブ 洗浄されない。吸気には、ブローバイガス中のオイル分や燃焼室から吹き返す排ガスや未燃ガスが混ざり、完全にクリーンなエアではないです。

燃料を直接噴射することにより燃料の気化潜熱を利用して圧縮行程後半のガス温度を下げやすくなり、高圧縮化してもノッキングを起こし難くなるので、エンジンの熱効率を上げやすくなります。しかしガソリンと空気が均一に混合せず、高負荷時は燃料が蒸し焼き状態になりやすいので、スス・黒煙やパティキュレートが発生しやすくなる難点があります。

事実、直噴エンジンのテールパイプを見ると、真っ黒なのが非常に多いです。黒汁

 

直噴エンジンの吸気バルブが汚れる理由としては、元々の燃焼で発生するススが多いということや、吸気工程やバルブオーバーラップでの吹き返しEGR(排ガス再循環)、さらにブローバイガス中のオイル分の付着などが考えられます。

 

余談: ディーゼルエンジンはもともと直噴だが、吸気系の汚れは非常に多く、マニホールド内は元の形状が分からないくらいに、ドロドロのスラッジが溜まっていることがあります。

 

排出ガスを戻すのですから当然吸気系は汚れます。排出ガスを大幅に抑制している環境対策エンジンにとって、性能維持のため RECS による吸気系の洗浄は非常に効果的です!!

 

最近の省燃費車は非常~にエンジンの中が汚れやすいそうです。

燃費が悪い、かかりが悪い、音がうるさい、汚れが原因です。

 

そこで

インテークマニホールドからエンジン内部を高性能ケミカルを使用し、
これまでエンジンを分解しなければできなかった除去が困難であったカーボン・デポジット、
その他の汚れを効率的に除去できる先進的技術を使った
ワコーズ レックスを使って洗浄すれば以下の効能が見込めます。

 

・燃費が向上します!
・有害排ガス(黒煙、CO、HC)が低減します!
・排出ガスのクリーン化による環境保護になります!
・エンジンが静かになります!
・レスポンスが向上します!
・吹け上がりが良くなります!
・振動が納まります!
・エンジンの掛かりが良くなります!

 

特に、走行距離が一万キロ以上に達したお車、
燃費が悪くなった、エンジン音が大きくなった、
掛かりが悪くなった、そんなお車は
レックスでエンジンの大掃除をお奨めします!

 

♠どんな高性能な車も走行を重ねればエンジンに汚れ(カーボン・スラッジ等)が発生して、各部が磨耗したり燃費が悪化します。

車の性能は日に日に低下するもののコンピューターの補正により不具合を感じることなく走行することが出来ます。

しかし、ひとたび補正の限界を超えてしまうと一気に不調になり、走行不能になる恐れや、多大な修理費に見舞われる恐れがあります。

そうなる前に!!

元気に走り続けるためのメンテナンスです!!

 

吸気系洗浄システム「RECS (レックス)」は、付着してしまった汚れをクリーニングし、エンジンコンディションを回復させて燃費を改善させます。

吸気系から燃焼室まで、堆積したガム質・ワニス・カーボン・デポジットを短時間で強力にクリーンアップ!!

高性能静浄剤の清浄効果により、インテークマニホールド・吸気バルブからピストンヘッド・シリンダーヘッド、さらに排気バルブまで短時間で洗浄し、燃焼状態を改善させます。

 

 

IMG_6158 IMG_6156

IMG_0403

当店!ワコーズ製品1番人気!「走りが変わる!あなたも体感!燃費改善!パワーアップ!」

RECS ワコーズ レックス!!お任せください!!圧倒的な施工台数!!

 

 

注意!! クリーニングメンテナンスの重要性!!  ←クリック

 

♣ デポジット の生成を抑えるエンジンオイル

PRO-S 0W-30  ←クリック

 

 

ワコーズ レックス RECS 料金表(税別)

第一オプションの フューエルワン に関しましては、ワコーズ レックスと同時に施工して頂けますと、RECSで8割落とした汚れからさらに1割落として9割汚れを落とすイメージです。

第二オプションの プレミアムパワー に関しましては、ワコーズ レックスとフューエルワンと同時に施工して頂けますと、9割落とした汚れからさらに1割落としてほぼ10割汚れを落とすイメージです。

第三オプションの CORE601 に関しましては、綺麗に汚れが取れたところで未体感ゾーンへの走りへとあなたを誘う。

第四オプションの ルブチャージ に関しましては、ダメージを受けたエンジンオイルに添加することで、エンジンオイルの動粘度の回復と酸化防止性能の回復。

※施工するにあたり部品脱着等が、必要な車種は別途工賃が発生する場合があります。

※レックスの施工時間は、およそ30分~1時間程度の作業時間がかかります。(実際の洗浄時間は、20~40分です)予めご予約をお願い致します。

toiawase02

レックスと同時施工で効果抜群のオススメ

ワコーズ フューエルワンについてはこちら

ワコーズ プレミアムパワーについてはこちら

ワコーズ CORE601についてはこちら

ワコーズ ルブチャージについてはこちら

スロットルバルブクリーナーについてはこちら

エンジンオイル交換

RECS(レックス)とF-1との洗浄範囲比較

一般エンジンと直噴エンジンの場合

RECS とF-1 との洗浄範囲比較

ワコーズ レックス 施工動画 トヨタ

RECS(レックス)クリーンアップテスト結果ビフォーアフター

RECSクリーナップテスト結果1

 レックス施工前

レックス施工前

レックス施工後

レックス施工後

RECS 施工による性能回復データ

圧縮圧力回復

RECS 施工による性能回復データ1

走行距離が伸びるにつれてバルブやピストンリング周りに付着するカーボン・デポジットにより、エンジンの各シリンダー間の圧縮圧力の低下やバラつきが出て走行性能が低下していきます。
これまでの実車テストの中で、RECS 施工が各部のカーボン・デポジットを効果的に洗浄し、圧縮圧力の回復・バラつき解消に大きな効果があることが実証されています。

加速性試験

試験コース:WAKO’S 特設コース中腹上り坂
試験方法:開度が一定になるようにアクセルペダルにアダプターを取り付け、所定のスタート位置からブレーキを踏んだままストールさせ、エンジン回転が一定となったところでブレーキを解除しスタート。OBDの時間、スロットルセンサ1、速度を抽出する。

RECS 施工による性能回復データ2

アクセル開度がほぼ一定の条件下で、時間の経過に従って施工後の速度が同経過時間時の施工前の速度よりも高くなっていることが分かります。
RECS 施工によりエンジン性能が回復し、加速性が向上していることが確認されました

RECS施工による燃費テスト

実車走行テスト

《使用計測機器》
燃料消費計FC-9521 奥田工機株式会社
燃料測定単位 0.5cc、精度±1%以内
UP/DOWNの多い広域農道(単独走行)

RECS施工による燃費テスト1

RECS実車走行テスト(広域農道使用)

RECS施工による燃費テスト2

RECS施工による燃費計測

日産ムラーノ 日産キューブ レックス施工前後燃費計測

RECS施工による燃費計測1

日産オッティ 日産マーチ RECS施工前後燃費計測

RECS施工による燃費計測2

日産セドリック レックス施工前後燃費計測

RECS施工による燃費計測3

トヨタ車のRECS施工画像

フィールダー エンジン型式:1NZ-FE RECS施工前後

カローラ RECS

エンジン型式:1SZ-FE RECS施工前後

ヴィッツ RECS

アリオン エンジン型式:1ZZ-FE RECS施工前後

アリオン RECS

日産車のRECS施工画像

ラフェスタ エンジン型式:MR20DE RECS施工前後

ラフェスタ RECS

エンジン型式:VQ30DD(直噴) RECS施工前後

セドリック RECS

エンジン型式:CGA3 RECS施工前後

キューブ RECS

ワコーズ レックス RECS Q&A

Q1.F-1との遣いは?

A1.F-1はフューエルライン→→吸気バルブ(直噴エンジンを除く)燃焼室の洗浄を行うのに対し、RECSはインテークマニホールド→吸気パルプ→燃焼室(→ピストンリング)の洗浄を行います。直噴エンジンの場合、F-1で吸気パルプを効果的に洗浄するのは難しいのですが、R[CSは吸気側から洗浄を行うことで効果的に洗浄できます。また、RECSとF-1を併用することで、吸気ポート→吸気バルブ→燃焼室+フューエルライン→インジェクターの洗浄が効果的に行えます。

Q2.エンジンコンディショナーとはどう遣うの?

A2.エンジンコンディショナーに比べて、①簡単に、②安全に(RECSの方がエンジンコンディショナーよりエンジンに吸入され易い)、③綺麗に(柔らかい汚れだけでなく、吸気バルブや燃焼室の固いカーボンにも効果がある)汚れを落とすことが出来ます。

Q3.注入時間はどのくらいかかるの?

A3.排気量により異なりますが、軽自動車~排気量1,000ccで10分~15分、排気量 1,000cc~2.000ccで15分~20分、排気量2500cc~3,000ccで20分~30分かかります。直噴エンジンや汚れのひどいシビアコンディションはその1.5倍の時間がかかります。

Q4.汚れのひどい車に大量に注入したらもっと綺麗になる?

A4.綺麗にはなりますが、長時間連続で注入することで、02センサーが空燃比異常と判断してエンジンチェックランプが点灯したりプラグがかぶる恐れがあります。また、一気に洗浄することにより、エンジンオイルに液剤と汚れが混入するので、オイル交換が必要となります。汚れのひどい車の場合は、およそ1ケ月の期間を目安に複数回施工することを
お勧めします。

Q5.施工することでエンジンにトラブルが超こる可能性はないの?

A5.注入後にきちんと残液の排出作業(レーシングを行う)を行えば問題ありません。また、汚れが大量に落ちるとコンピューターの学習値との急激なズレが生じて一時的にノッキングやアイドル回転の制御が乱れる場合がありますが、徐々に学習値が補正されて解消されます。

Q6.取れた汚れ(カーボン)がパルプに噛み込む等の危険はないの?

A6.カーボンをはがして落とすのではなく、浸み込んでやわらかく溶かして落とすのでそのようなりスクはほとんどありません。F-1と同じ位のリスクと考えてください。

Q8.トヨタのバルブマチック車(エンジン:1ZR-FAE,2ZR-FAE,3ZR-FAE)にも使用できるの?

A8.実車テストを行いましたが、問題なく使用できます。同じような機構を採用している欧州車(BMW等)に関しては、検証・テスト中です。

Q10.ディーゼル車に使えますか?

A10.ディーゼル車の場合は加圧して注入する必要があるので、現状の方法では施工できません(基本的にインテークマニホールド内に注入に必要な負圧がかかっていない為)。

Q12.作業後、オイル交換しなくてはいけないの?

A12.通常であれば必要ありません。直噴エンジンや汚れのひどいエンジンに使用した場合は汚れがオイルに混入することがある為、オイルとエレメント交換を推奨します。

Q13.スロットルバルブの汚れは落ちますか?

A13.スロットルバルブの汚れには効果ありません。

Q14.F-1やPMPが燃料に添加されている状態でRECSを注入しても大丈夫?

A14.問題ありません。効果の面から言うと、RECS施工後の添加が最も効果的です。燃焼室のカーボンが最も効果的に洗浄できます。

Q15.どんな車にお勧めですか?

A15.どんな車も走れば汚れが発生します。2~3万km走行している車にはお勧めです。特に直噴エンジンにはトラブルを未然に防ぐ為、定期的な使用をお勧めします。

Q16.キャブ車には使えるの?

A16.基本的に、キャブレターよりエンジン側にバキュームホース接続部があれば施工可能です。が、複数キャブレターがある場合は、それぞれの直後に注入ホースをつなぐ必要があり、現状の注入器では対応できないので、不可とさせていただきます。

Q17.施工サイクルはどのくらいで行えばよいか?

A17.車種や運転状況で汚れの堆積度が異なりますが、トラブルの防止やベストコンディション維持のために 8,000~10,000km毎の施工をお勧めします。また、12ケ月点検または車検時がひとつの目安となるのではないでしようか?(その間はF-1でクリーンアップしましょう)

バイクやスクーターやオートバイにレックスを入れたい場合

こちらに別途説明ページを用意しておりますのでご覧下さいませ。