toiawase02

トルコン太郎 全自動トルコンチェンジャー

トルコン太郎

トルコン太郎とは

圧送式を採用することで、過走行車・多走行車のATF(オートマオイル)を交換が可能に。さらにミッションのクリーニングまでできる機械です。

ATFを交換する場合、従来の循環方式ではポンプが一つしかなく、汚れを取り除くためのフィルターの設置ができずにATFを交換しても汚れを取りきることは難しい作業でした。

しかし、圧送式を採用したトルコン太郎では、ATFを新油に近い状態にすることができるようになりました。

圧送式で交換することで、従来より素早くATF交換ができるようになりました。

さらにオイルフィルターが目視で確認できるようになっていて、汚れが一目でわかります。

廃油と新油の汚れ具合を、ATFモニターで見ることができるのでお客様も安心です。

また、ATFに混入しているスラッジ等はクリーニングフィルタで除去しますので、過走行車・多走行車のオートマオイルの交換もできます。

そのため、現時点でトルコンや変速ショックの滑りがない車であるならば、10万キロ、20万キロATF交換していなくてもトルコン太郎なら交換可能です。

 

過走行車・多走行車のオートマオイル ATF交換

過走行車 多走行車のオートマオイル ATF交換は断られる場合があります

過走行車 多走行車のオートマオイル ATF交換を依頼しても断られた覚えのある方もいらっしゃることでしょう。

それは、過走行車のATF交換はオートマが壊れる可能性があるからです。

新しいオイルを入れたのに、なぜ壊れてしまうのかと言うと、オイルの選択や交換方法間違いの場合が多いです。

オイルの選択

メーカーによって様々なオートマチック車があります。

オートマオイルも同様に自動車に最適なオイルが色々あるため、同メーカーだけでも数種類のオートマオイルがあります。

オートマオイルには様々な特性があり、車に合わないオイルを使ってしまうと故障の原因にもなります。

ATFの交換をする時には、車に合ったオイルの選択がたいへん重要になります。

オートマオイル ATFの交換方法

交換方法もその車に合った方法をとらなくてはなりません。

交換方法を間違えてしまうと下記のような現象が起こる場合があります。
・ギヤ変更の部品が壊れてしまう。
・スラッジが残ってしまって、フィルターにつまることで、オートマチックが故障することもあります。
・汚れが取れない。

 

10万キロ走行車でもオートマオイル ATF交換可能です

過走行車 多走行車のオートマオイル ATFも交換可能。CVT車でも交換可能。

・三つのモニターで、新油とオートマ内部油と抜取り油の状態が一目瞭然!
・ご希望であれば、新油と同じ色になるまで自動クリーニングしながらATF交換し続けることも可能です!!
・抜き取り量や送り油量もモニターで確実に確認できるので、現在何リットルのオイルを交換したのかもすぐに分かります!!!
・五つのフィルターが内蔵していることにより、ミッション内部のスラッジを正確に除去できます!!!!

 

オートマオイル ATFクーラー洗浄

冷却効果をアップさせてトラブル原因の排除。

ATFクーラーは高温となったATFをラジエターに循環させ、冷却をしていて、冷却効果を高めるための金属メッシュが内蔵されております。
ATF内スラッジによる、金属メッシュの目詰まりは、ATFの冷却効果を妨げ、ATFの劣化を促進させますのでトラブルの原因になりますので、定期的な洗浄が必要です。

ATFクーラーライン 構造 洗浄の重要性!!

 

ラッフルズオート独自の工夫

ラッフルズオートのトルコン太郎は独自の研究と工夫によって他店さんとは少し違って洗浄能力が上がっております。

 

 

フルード内の濁りも回収!!

 

AT/CVT専用アタッチメント作成で圧送式交換対応へ

ラッフルズオートではお客様のご協力により、独自のAT/CVT専用アタッチメントを製作いたしました

近頃のトヨタのコンパクトカー(1000~1800cc)にはCVT車(平成18年以降のヴィッツ ラクティス フィールダー カローラ イスト等)が多く搭載されています。

この型のCVTは従来では圧送交換が出来なく、交換効率の落ちる循環式(レベルゲージ穴よりノズルで抽出・注入)かドレンアウト式(オイルパンドレンより排出・フィラープラグより注入)のどちらかの方法でしか残念ながら交換出来ませんでした。

が、今回オリジナルアダプター完成により無事圧送交換成功いたしました。

現在

CVT

トヨタ ヴィッツ SCP90

・トヨタ ラクティス SCP100

トヨタ アイシス ZGM10

トヨタ ヴィッツRS “Gʼs” NCP131

トヨタ シエンタ NCP81

スズキ スプラッシュ XB32S

スズキ スペーシア MK42S

マツダ デミオ DE3FS

AT

トヨタ クラウン GRS202

トヨタ クラウン GRS182

トヨタ クラウン GRS184

レクサス IS350 GSE21

 

以上ですが順次テストしていき対応車種を増やしていきたいと思っております。

CVTF圧送式交換を希望される方は、トヨタであれば助手席横のドア開口部にありますコーションプレートを確認して下さい。

IMG_5500 - コピー

赤枠内 ミッション型式 TRANS  K310

現時点でミッション型式が

K410 / K311 / K310 / K210

A960E / A760E

であれば ラッフルズオート で圧送交換ができる可能性が高いです。

詳しくはお問い合わせ下さいませ

 

ATF 及び CVTF の役割

・トルクコンバーターで動力を伝達する

・コントロールユニット内やプラネタリーギヤユニット内で作動油として働く

・各摩擦部で滑りすぎたり、滑らなさすぎたりしないように摩擦を制御する

・プラネタリーギヤユニット内各部や軸受け部を潤滑する

・AT、 CVT ユニットの温度調節をする

・CVT 金属ベルトとプーリーの金属間摩擦制御作用

 

以上のようにフルードひとつで求められる役割が多いのです。

 

AT/CVT定期メンテナンスの重要性

AT/CVT の高性能化が進むにつれてオートマオイルの重要度は高まっています。

ATF/CVTF は、エンジンオイルと違い直接火にさらされてない為、消耗が少ないイメージですが、実際はせん断や高圧高温にもさらされ酸化劣化も進みますし、機械の中を流れる距離は圧倒的に長いため磨耗粉を取り込む機会も多く、ある意味エンジンオイルよりも仕事量は多く、カーボンや燃料希釈などで劣化するエンジンオイルとは違った形で消耗していきます。そして車の性能や寿命に大きく影響します。AT 車のトラブルを未然に防ぐためには、ATF の交換が必要不可欠となります。

 

ATF/CVTF は走行(使用)により、摩擦係数が低下し、トルク伝達力も低下するという変化もあります。

 

AT/CVT などのメンテナンスの基本は汚れのクリーニングであり、20000キロくらいのスパンで定期交換し汚れを排出するのが理想的です。

 

オートマオイルの早めの交換はエコロジー&エコノミーに直結です!

・愛車のパワー回復で燃料セーブECOにも貢献

・スムーズな変速で乗り心地がよく

・ミッション負担を軽減、愛車が長持ち長寿命

 

オートマオイルもエンジンオイルと同じで定期的に交換していただいてコンディションの良い状態を保つことを心がけてくださいね。

なにか不具合が発生したから交換するのではありませんよ。

交換をしなければ・・・

伝達効率も落ち、発進、加速も悪くなり、燃費も悪くなりますし、変速ショックが大きくなってきますよ。

オートマオイル(CVTフルード)はAT車の血液です。

オートマオイル(CVTフルード)交換は不可欠です!!

 

スズキ・ダイハツ・トヨタ・日産・スバル・ホンダ・三菱 メーカー指定 ATF交換時期

カーメーカー指定ATF交換時期

 

CVT=無段変速機

金属ベルトとプーリーの比を変速するタイプが主流。

金属ベルトとプーリの間で充分な摩擦力を維持することが必要です。また金属ベルトとプーリの間で厳しいせん断を受けるので

金属同士の摩擦が非常に多いため、金属粉が発生してCVTフルードに混ざり、プーリーとベルトの摩擦面を荒らしてジャダー現象が起き、

ゴトゴトと言う不快な振動が発生しやすくなります。

AT に比べ オイル(フルード)に対する 要求が高い(負荷が高い)為、早めの交換が必要です。

ATF は通常走行時はオイルパン内が 約80℃、シビアコンディション時は、約100℃以上になり絶えず高温にさらされ、劣化促進をしています。

CVTF は、ATF よりも更に10℃~20℃ の高温状態にあるので、ATF同様に劣化促進致します。

オイル缶の注意書きにもあるように、AT に比べ CVT の方が短いサイクルになっております。

それだけ、CVT の方が汚れやすいということです。

今現在、国産車のほとんどが CVT を採用しております。

 

ハイブリッド・ビークル・トランスアクスル・フルード

ハイブリッド車も同様に ATF を使用しておりますので、同じく汚れます。

トヨタ アクア NHP10 ハイブリッド・ビークル・トランスアクスル・フルード 走行1万キロの状態!!

トヨタ アクア NHP10 走行距離37945キロ 汚れ具合

トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZWR80G 走行距離20137キロ 汚れ具合

トヨタ エスティマ ハイブリッド AHR20W 走行距離144354キロ

トヨタ プリウス ZVW30 走行距離17300キロ 汚れ具合①

トヨタ プリウス ZVW30 走行距離33400キロ 汚れ具合②

 

ホンダ フィット ハイブリッド GP5 オートマオイル(DCT)交換 走行距離10472キロ

 

ハイブリッド・ビークル・トランスミッション・フルード

トヨタ クラウン マジェスタHV GWS214

 

toiawase02

トルコン太郎を使ったATF交換 料金価格表(税別)

トルコン太郎料金

ATプラスについて詳しくはこちら

ミッションパワーシールドについて詳しくはこちら

コア701について詳しくはこちら

ワコーズオートマオイル(ATF)料金表

製品名 オイル詳細 価格(税別)
エーティーエフセーフティスペック 低粘度油対応 1,800円/1L
エーティーエフハイパーエス 高性能ATFベルト式CVT対応 2,100円/1L
エーティーエフ プレミアムスペック 低粘度対応プレミアムATF 2,800円/1L
シーブイティーエフ プレミアムスペック 低粘度対応プレミアムCVTF 2,800円/1L

イメージ (18)

IMG_0014

トルコン太郎 ATF交換 施工料金価格例 目安(税別)

トルコン太郎施工料金例
toiawase02

トルコン太郎を使ったATF交換の流れ

ステップ1 新油(ATF オートマオイル)で洗浄

IMG_0377

車のATとトルコン太郎 PLUS !!を交換効率のよい 圧送式 で接続します。

ATF自体の洗浄力を利用してクリーニングしていきます。

ステップ2 フィルターで汚れを落としていきます。

IMG_1374

左から順に新油・元油・現油です。

新油入れ替え と パワーアップ!!ミッション内部クリーニング

始めの黒い状態から新油同様の透き通った状態になりました。

完全入替完了です!!

超スッキリクリア!!

 

ステップ3 ワコーズ洗浄剤で、ATFクーラーの洗浄(オプション)

IMG_0916IMG_0917IMG_0955

これが重要です!!

オプション扱いになっていますが、是非ともお客様にはやって頂きたいです。

ATクーラーラインを強力な洗浄力のワコーズのクリーナーにて洗浄いたします。

 

ATFクーラーラインの洗浄も大事ですよ!

ATFクーラーには、冷却効果を高めるための金属メッシュが内臓されており

汚れによる目づまりは、ATFの循環を妨げ、劣化を促進します。

 

ステップ4 ワコーズ 添加剤で 予防 と パワーアップ!(オプション)

 

ATプラス

IMG_4868

特長

・AT のトルク伝達効率 を向上します。(フリクションブースター) 

・ATF の劣化により低下する静摩擦係数を補い、トルク伝達効率 を引き上げます。

・優れた消泡作用で、泡立ちを防ぎ ATF の 油温上昇 を防止します。

・ATFオイルに取り込んで 汚れによる 油圧経路内 の詰まりを予防します。

 

※MPS ミッションパワーシールド

IMG_3700

特長

  • 超高粘度指数ポリマーの効果により、低下したATF/CVTFの粘度を回復・最適化させます。
  • オイルシールやOリングの機能を回復させ、フルードの漏れ・滲みを止めます。
  • 装置内部に多用されているバルブ類のシールを復元し、内部リークを抑えることで、装置の作動を改善します。
  • フルードの泡立ちを抑え、良好な作動フィーリングを維持するとともに装置の寿命を延ばします。
  • 金属間摩擦係数を上昇させ、金属ベルト式CVTのベルトとプーリー間の伝達効率を向上させます。
  • 耐摩耗性を向上させ、ユニット内の潤滑面を保護します。

 

 

※CORE701 コア701

性能だけを追求した究極シリーズ

IMG_1437IMG_1615

コア701は、特に ステップAT車 の 走行フィーリング向上 をテーマとし

トラクションブースター(トルコンの効率改善)

フリクションブースター(クラッチの伝達効率向上)

による ダブルブースター効果 により、トルクコンバーターのパワーロスを改善し、

力強くスムーズな走りを提供するとともに、素早い変速を

実現する 究極のATF用添加剤 です。

 

最後の締めに、汚れによるAT内の詰まりの予防と更なるトルク伝達効率を引き上げてくれる添加剤を入れれば完璧です。

toiawase02

トルコン太郎施工実績例

  1. ホンダ ライフ JB1(走行距離18万キロ)
  2. ダイハツ ハイゼット S200V(走行距離19万キロ)
  3. ダイハツ ムーヴ ターボ L902S(走行距離92,600キロ)
  4. 日産 ティーダ C11(走行距離10万キロ)
  5. トヨタ bB QNC20(走行距離92,416キロ)
  6. いすず ビッグホーン UBS73GW(走行距離370,080キロ)
  7. 日産 エルグランド ME51(走行距離81,056キロ)
  8. トヨタ アルファード ANH10(走行距離74,652キロ)
  9. ダイハツ アトレーワゴン S230G(走行距離166,690キロ)
  10. ホンダ Zゼット PA1(走行距離129,196キロ)
  11. ホンダ ステップワゴン RF3(走行距離58,000キロ)
  12. ホンダ ライフダンク JB3(走行距離42,800キロ)
  13. スバル サンバー TT2(走行距離151,148キロ)
  14. トヨタ ウィンダム MCV30(走行距離102,800キロ)
  15. スバル R2 RC2(走行距離142,504キロ)
  16. トヨタ アルファード MNH10W(走行距離209,371キロ)
  17. ホンダ ストリーム RN1(走行距離97,805キロ)
  18. トヨタ アリスト JZS160(走行距離120,793キロ)
  19. ダイハツ ムーヴ L150S(走行距離66,154キロ)
  20. トヨタ アリスト JZS161(走行距離80,800キロ)
  21. マツダ AZワゴン MJ23S(走行距離59,818キロ)
  22. スズキ エブリィ DA62V(走行距離128,357キロ)
  23. 日産 ブルーバードシルフィ KG11(走行距離148,620キロ)
  24. 三菱 デリカスペースギア PD6W(走行距離80,766キロ)
  25. トヨタ アルファード ANH10W(走行距離74,110キロ)
  26. ダイハツ ハイゼットカーゴ S321V(走行距離232,645キロ)
  27. トヨタ プリウス ZVW30(走行距離16,000キロ)
  28. イスズ ビッグホーン UBS69GW(走行距離246,785キロ)
  29. トヨタ セルシオ UCF30(走行距離37,900キロ)
  30. トヨタ クラウンマジェスタ URS206(走行距離92,784キロ)
  31. トヨタ ヴィッツ SCP90(走行距離81,750キロ)
  32. ダイハツ ムーヴ L175S(走行距離183,142キロ)
  33. トヨタ ヴィッツ SCP10(走行距離59,523キロ)
  34. スズキ ジムニー JB23W(走行距離139,857キロ)
  35. トヨタ アリスト JZS161(走行距離117,377キロ)
  36. トヨタ アルファード MNH10W(走行距離137,878キロ)
  37. ホンダ オデッセイ アブソルート RB1(走行距離不明)
  38. トヨタ マークⅡ GX110(走行距離124,509キロ)
  39. トヨタ アルファード GGH20W(走行距離157,486キロ)
  40. トヨタ クラウンマジェスタ URS206(走行距離48,804キロ)
  41. マツダ アクセラスポーツ BLEFW(走行距離65,752キロ)
  42. ダイハツ ムーヴカスタムRS LA100S(走行距離29,838キロ)
  43. トヨタ エスティマ GSR50W(走行距離59,382キロ)
  44. マツダ ロードスター NCEC(走行距離79,909キロ)
  45. トヨタ アリスト JZS161(走行距離70,283キロ)
  46. スバル フォレスター SHJ(走行距離17,906キロ)
  47. トヨタ ランドクルーザー UZJ200W(走行距離97,620キロ)
  48. ダイハツ ムーヴカスタム L150S(走行距離99,628キロ)
  49. スバル レガシィツーリングワゴン BP5(走行距離18,153キロ)
  50. トヨタ クラウン JZS155(走行距離167,214キロ)
  51. スバル プレオRS RA1(走行距離50,258キロ)
  52. トヨタ アイシス ZGM10(走行距離不明)
  53. 三菱 エアトレックターボ CU2W(走行距離162,491キロ)
  54. トヨタ ハイラックスサーフ TRN215W(走行距離69,943キロ)
  55. ホンダ ステップワゴン スパーダ RG1(走行距離30,811キロ)
  56. トヨタ ヴィッツ SCP90(走行距離105,052キロ)
  57. マツダ MPV LY3P(走行距離93,026キロ)
  58. ホンダ オデッセイ アブソルート RB1(走行距離115,693キロ)
  59. ホンダ ステップワゴン RF3(走行距離210,000キロ)
  60. 日産 セレナ VC24(走行距離163,391キロ)
  61. トヨタ エスティマ ACR50W(走行距離195,049キロ)
  62. トヨタ マークIIワゴン GX70G(走行距離186,422キロ)
  63. トヨタ エスティマ ACR50W(走行距離195,049キロ)
  64. トヨタ ヴィッツRS “Gʼs” NCP131(走行距離63,367キロ)
  65. イスズ ビッグホーン UBS73GW(走行距離206,013キロ)
  66. ダイハツ アトレーワゴン ターボ 4WD S331G(走行距離81,757キロ)
  67. ホンダ バモスターボ HM1(走行距離138,491キロ)
  68. 日産 ティーダ C11(走行距離69,615キロ)
  69. トヨタ ウィッシュ改 スーパーチャージャー ZNE10G(走行距離142,770キロ)
  70. スズキ エヴリィバン ターボ DA64V(走行距離54,015キロ)
  71. スズキ スイフトスポーツ ZC31S(走行距離83,383キロ)
  72. トヨタ シエンタ NCP81G(走行距離102,165キロ)
  73. スバル レガシィB4 BL5(走行距離133,880キロ)
  74. トヨタ エスティマ ACR55W(走行距離126,687キロ)
  75. トヨタ アルファード GGH20W(走行距離26,143キロ)
  76. ダイハツ ムーヴ L902S(走行距離102,597キロ)
  77. ダイハツ タントカスタムターボ LA600S(走行距離2,116キロ)
  78. トヨタ ヴォクシー VOXY ZRR70G(走行距離100,234キロ)
  79. トヨタ クラウン GRS202(走行距離109,156キロ)
  80. トヨタ クラウン GRS182(走行距離65,429キロ)
  81. ニッサン セントラ B13(走行距離不明)
  82. トヨタ アルファード ANH20W (走行距離38,182キロ)
  83. ダイハツ ムーヴカスタムRS LA100S(走行距離50,258キロ【2回目】)
  84. トヨタ ランクル70 HZJ76K(走行距離129,742キロ)
  85. マツダ MPV LY3P(走行距離80,600キロ)
  86. ホンダ オデッセイ RB2(走行距離60,878キロ)
  87. ダイハツ タントカスタム L375S (走行距離98,501キロ)
  88. トヨタ ハイエース キャンピング TRH226K(走行距離190,232キロ)
  89. トヨタ ヴェルファイア VELLFIRE ANH20W(走行距離169,732キロ)
  90. トヨタ ブレイドマスター GRE156H(走行距離63,712キロ)
  91. トヨタ ヴェルファイア VELLFIRE ANH20W(走行距離169,732キロ)
  92. トヨタ クラウン GRS184(走行距離90,531キロ)
  93. トヨタ セルシオ UCF31(走行距離201,303キロ)
  94. レクサス IS350 GSE21(走行距離100,934キロ)
  95. ホンダ ステップワゴンスパーダ RG1(走行距離159,615キロ)
  96. 日産 エルグランド ME51(走行距離87,242キロ)
  97. ダイハツ タントカスタム ターボ L375S(走行距離133,780キロ)
  98. ダイハツ エッセ L235S(走行距離40,502キロ)
  99. トヨタ ランクルプラド TRJ120W(走行距離156,819キロ)
  100. トヨタ シエンタ NCP81G(走行距離136,144キロ)
  101. ホンダ バモス HM1(走行距離99,262キロ)
  102. スバル レガシィワゴン BH5(走行距離130,614キロ)
  103. トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZWR80G(走行距離20,137キロ)
  104. トヨタ エスティマ ACR50W(走行距離77,257キロ)
  105. トヨタ ランクルプラド KZJ95W(走行距離270,476キロ)
  106. ダイハツ ミラ L275S(走行距離42,456キロ)
  107. スバル プレオLS RA1(走行距離83,684キロ)
  108. ホンダ オデッセイ アブソルート RB1(走行距離132,408キロ)
  109. ホンダ ライフ JB1(走行距離88,386キロ)
  110. トヨタ アルファード GGH20W(走行距離28,525キロ)
  111. 日産 キューブ Z12(走行距離107,145キロ)