LSPI とは

近年、自動車メーカーでは省燃費が至上命題であるため、

ガソリンエンジンのさらなる高効率化が図られています。

少ないガソリンからより多くの力を引き出すため、

燃料の筒内直接噴射化(直噴化)や高圧縮化が図られ、

低回転高負荷状態 での運転条件が増える結果となっています。

 

この際に問題となるのが LSPI (Low Speed Pre-Ignition : 低速早期着火) です。

 

この LSPI の説明をする前に、まずノッキングについて説明したいと思います。

 

ノッキングとは、コンコン・キンキン・カリカリといったノック音を発する現象の事です。

正常な燃焼では、スパークプラグにより点火された

混合気(ガソリンと空気が混ざった物)が火炎となって

燃焼室内に燃え広がりますが、何らかの理由で正常な燃焼が始まる前に、

着火が起きてしまう事があります。

 

この予期せぬ着火による圧力は燃焼室内に衝撃波を生み、

コンコンといった音が発生します。

 

そして、この予期せぬ着火がプラグによる点火タイミングより前に

発生するプレイグニッションの事を LSPI といいます。

 

この LSPIノッキングの原因となり、

異音の発生、エンジンの磨耗につながる現象なのです。

 

LSPI が起きるメカニズム、まずインジェックターから

噴射されたガソリンによるシリンダー壁面で オイル希釈 が起き、

希釈されたオイルが燃焼することで

デポジット(ガソリンやオイルの不完全燃焼生成物)

が シリンダー上部 や ピストントップランド付近 に生成します。

 

この デポジット が燃焼室内で熱を持ち火種になってしまう事で、

本来の点火タイミングより前に、

プレイグニッション として 異常燃焼 が発生します。

 

IMG_6158IMG_6156

 

ノッキング対策が進んでます!

軽症の場合、多少のブローバイ増加・オイル消費程度で症状に気付かない場合も・・

IMG_6987

 

レガシィのリコールについて

直噴ターボエンジンを搭載した車両において、エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、

高負荷運転時にプレイグニッションが発生し、点火プラグやピストンが損傷する場合がある。

そのため、警告灯点灯、車体振動が発生し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

メーカーはCPU補正で対策

 

IMG_6985

 

♠デポジット により汚れた燃焼室を洗浄するには

レックス RECS  ←クリック

 

♣ デポジット の生成を抑える LSPI対応 エンジンオイル

PRO-S 0W-30  ←クリック

 

注意!! クリーニングメンテナンスの重要性!!  ←クリック

 

 

ラッフルズオート × WAKO’S ワコーズ クリーニングメンテナンス

ご予算・ご要望により、いろいろな組み合わせのメニューを取り揃えております!

♥ぜひ  ワコーズラッフルズオート 体感してみてくださいね!!♥

皆様のご来店お待ちしております!!!

IMG_0521250 sankatenimg01

WAKO’S Authorized Dealer & Technical Support Shop

当店 ラッフルズオート は地域の皆様に安心・安全をご提供させていただくことをモットーに国内ブランドNo 1!こだわりのジャパンクオリティ!高性能・高品質!お客様から頂くブランドへの期待と満足に貢献の ワコーズ WAKO’S 正規取り扱い専門店 です。

お問い合わせ・ご予約は、工場長直通ホットライン 090-3053-9153

(営業 AM10:30~PM6:30 日・祝休み)

IMG_5369