奈良 廃車

ラッフルズオートで廃車の2大メリット

抹消手続き代行費用無料

抹消手続き代行費用は完全無料!!
※その他各種手続きは、ご相談下さい。
※廃車の際に別途リサイクル料金が必要になる場合がございます。
(すでにお支払い済みの場合は必要ございません)

廃車スクラップ費用無料

お車の解体費用、スクラップなどの費用も全てラッフルズオートが負担いたします。

toiawase02

廃車(抹消登録)時の必要書類

普通自動車廃車(事故車含む)時に一般的にご用意頂く書類

■自動車検査証(車検証)

■自賠責保険証

■住民票
自動車検査証と住所が変わっている場合にのみ必要です。
詳しくは当記事下部の「廃車Q&A」の項目を参考にしてください。

■ナンバープレート(2枚)

■実印もしくは委任状
・ 事故や解体等、自動車として使用できなくなったときに行う抹消登録。
再使用不可。→【永久抹消委任状のダウンロード(PDF)

・長期出張等で使用を一時的に中止しようという場合に行う抹消登録。
譲渡や再使用が可能→【委任状のダウンロード(PDF)

※ 旧所有者本人が手続きをする際には実印が必要です。
それ以外の人が手続きをする際は委任状が必要です。

■印鑑証明書(3ヶ月以内に発行された所有者の印鑑証明書)
必ず、3ヶ月以内に発行された印鑑証明書をお持ちください。

■譲渡証明書
→【譲渡証明書のダウンロード(PDF)

■リサイクル券
お車購入時、車検時に、すでにリサイクル料を支払い済みの方の場合。

※上記書類以外に条件や状況により手続の際の必要書類が異なる場合がございますので詳しくはお問合せ下さい。

※車の所有者がディーラーまたは信販会社等になっている場合は所有権解除手続が必要です。ディーラーや信販会社へ廃車(事故車含む)する旨を連絡して所有権解除依頼をしてください。

※ローンの完済前に廃車(事故車含む)にする場合、引越しや婚姻などで住所が変わった場合など必要な書類や手続がありますので、詳しくは当記事下部の「車検Q&A」の項目を参考にしてください。不明な点、質問などがありましたら、お気軽にお問合せください。

軽自動車廃車(事故車含む)時に一般的にご用意頂く書類

※軽自動車の廃車(事故車含む)手続きでは実印・印鑑証明書・譲渡証明書は不要です。

■自動車検査証(車検証)

■自賠責保険証

■住民票
自動車検査証と住所が変わっている場合にのみ必要です。
詳しくは当記事下部の「車検Q&A」の項目を参考にしてください。

■ナンバープレート(2枚)

■認印もしくは依頼書
→【依頼書(軽自動車用)のダウンロード(PDF)
→【永久抹消依頼書(軽自動車用)のダウンロード(PDF)
旧所有者本人が手続をする際には認印が必要です
それ以外の人が手続をする際は依頼書が必要です

■リサイクル券
お車購入時、車検時に、すでにリサイクル料を支払い済みの方の場合。

※上記書類以外に条件や状況により手続や必要書類が異なる場合がございますので詳しくはお問合せ下さい。

※軽自動車の場合でも名義がディーラーや信販会社の場合は普通自動車と同様の手続になります。

自動車バッテリーの廃棄・処分・引取り・回収は無料です

ご自分で自動車のバッテリーを交換した際などに、処分の困る古いバッテリーの廃棄・処分・引取・回収はラッフルズオートにお持ちいただければ、当工場にて無料で引き取りし、処分いたします。必要のない邪魔な車のバッテリーがあれば、何かの用事で当工場にお越しの際にお持ちください。もちろん当工場でバッテリー交換をされた場合も処分費用は無料です。

toiawase02

廃車Q&A

Q1.廃車時必要書類に関して、車検証に記載してある住所と、現在の住所が異なるのですが

A1.住民票が必要になります。(自動車を登録した後、引越しなどで1回だけ住所が変わった場合) 引越しなどで2回以上住所が変わった場合は、住所移転の経緯がわかるように戸籍の附表(本籍地の役所で取得)が必要となります。

Q2.廃車時必要書類に関して、登録時と苗字が変わっているんですけど

A2.本籍地の役所で戸籍の抄本または謄本を取って添付してください。転居を伴っている場合は抄本(謄本)と戸籍の附票を合わせてとれば住民票を取る必要はなくなります。

Q3.廃車時必要書類に関して、車検証を紛失してしまいました。

A3.陸運局で「現在登録証明書」を発行してもらい、後は通常通りの手続きとなります。

Q4.所有者が信販会社、ディーラーになっている場合は廃車できますか?

A4.できますが、ローン完済前の場合、また完済後も所有権解除手続が必要になります。

●ローンが完済している場合●
ローンが完済している旨、廃車をする旨を信販会社・ディーラーに連絡して廃車手続きを行ってください。所有権解除が行われると次の書類が送られてきますので、それを廃車時に一緒に提出してください。
1.所有者の委任状
2.所有者の譲渡証明書
3.所有者の印鑑証明書

●ローンが完済していない場合●
残債があっても抹消手続き自体はできますが 、ローンのみを 引き続き支払いして、車輌自体は解体し、 陸運で抹消手続きをすることになります。 引取りお申込み時に、残債があることをお知らせいただき、信販会社・ディーラーへご連絡ください

Q5.他県ナンバーの車を今の住所の近くの陸運局で廃車できますか?

A5.車の登録地の陸運局でも、住民票のある地区の陸運局でも、どちらでも可能です。

Q6.自動車税を一部、未納ですが廃車できますか?

A6.抹消手続き後、4月から廃車した月までの自動車税の請求書が自動車税事務所から送られてきます。その時にお支払いください。

Q7.所有者が亡くなっています。所有者と連絡が取れないなどの場合は廃車することができますか?

A7.できますが、それぞれのケースに応じて必要な書類がございますので、詳しくはお問合せください。

LINE問合せ