トヨタ NHP10

 

の1万キロ走った

ハイブリッド・ビークル・トランスアクスル・フルード

の状態です。

 

img_1155

img_1146

走行距離10727キロです。

 

img_1147img_1148

左が新油・右が抜いた油です。

鉄粉交じりの濁りたっぷりです。

 

参考にですが

メーカーさんは

トランスアクスルフルードは無交換です。

シビアコンディション時、10万キロで交換指定です。

通常の点検不要です。

 

 

1万キロ走行で、こんな状態ですが

あなたは無交換でいかれますか??

 

ここで、ちょっと余談ですが・・・

 

厳密にいえば、トヨタのハイブリッド車

みなさんがオートマと思われている部分は

AT でも CVT でもなく 動力分割機構 なのです。(ん~難しいですかね)

 

大きく分けて、4つの構成部品が内臓されています。

見ても解らないと言う方が多いと思いますが・・・

技術資料の一部を抜粋

 

img_2092

ハイブリッド・ビークル・トランスアクスル構成部品

MG1 エンジン出力により発電を行う。エンジン始動時にはスタータの役割をする。

MG2 エンジン出力を補助し、駆動力を高める働きをする。また、発進時などは MG2 の動力で走行する。更に減速時には回生ブレーキによる発電を行う。

動力分割機構 エンジン出力を駆動輪への動力と、発電の為に MG1 を駆動する動力に分割する。

モータ・リダクション機構 MG2 の回転を減速し、駆動トルクの増幅を行う。

 

ふ~んと思うなかれ、この機構がトヨタの強みなんですよ!!

すごいんよ!!

 

簡単に言えば、大きなモーター2個と歯車多数かな?

なので、今までの AT CVT とは全く構造が違うのですよ!

ミッション ではないのです。

 

じゃ~フルードは無交換でいいの?

 

オイルはAT用のフルードを使用しており、

ハイブリッドモーターの冷却も兼ねてます。

 

中のモーターは言うなれば、大きな磁石の塊!

ギヤ(歯車)も複合ギヤの採用に高精度歯面加工採用!

 

このような重要構造内部のフルードを

たっぷり鉄粉交じりのまま無交換でいかれますか?

 

愛車を調子良く維持するも、悪くするのもオーナーさん次第!!

 

10年後、10万キロ走行時の車の調子は、新車からのメンテナンスで

始まってます!!

 

新車に近い状態を維持するか、

オイル食い・オイル漏れ・異音等の経たり感満載に

するかは、あなた次第!!

正しいメンテナンスを!!

 

 

ラッフルズオート × WAKO’S ワコーズ クリーニングメンテナンス

ご予算・ご要望により、いろいろな組み合わせのメニューを取り揃えております!

♥ぜひワコーズラッフルズオート 体感してみてくださいね!!♥

皆様のご来店お待ちしております!!!

IMG_0331_R250 sankatenimg01

WAKO’S Authorized Dealer & Technical Support Shop

当店 ラッフルズオート は地域の皆様に安心・安全をご提供させていただくことをモットーに国内ブランドNo 1!こだわりのジャパンクオリティ!高性能・高品質!お客様から頂くブランドへの期待と満足に貢献の ワコーズ WAKO’S 正規取り扱い専門店 です。

お問い合わせ・ご予約は、工場長直通ホットライン 090-3053-9153

(営業 AM10:30~PM6:30 日・祝休み)

IMG_0351_R