燃焼室洗浄システム CCCS

 

故障でもないのに調子が悪くなる原因は・・・、

 

エンジン内の 燃焼室、ピストン、バルブ等に

堆積する カーボン の可能性があります。

 

カーボン が堆積する主な原因は、不完全燃焼 です。

常に理論空燃比で、完全燃焼すればよいですが、そう都合よくいきません。

 

 

※低回転では、燃焼室内にカーボンが堆積しやすい

特にエンジン回転が低いと吸気量が少なく、ガソリンとうまく混合しづらくなり、

燃焼温度も低い為、どうしても HC (炭化水素)が発生しやすくなり、カーボン が溜まりやすくなります。

発生した カーボン は、カーボンデポジット として、燃焼室、ピストンヘッド、吸排気バルブ等に堆積していきます。

その為に、良い燃焼が妨げられ、エンジンの調子がイマイチ、回転の上がりが鈍い、パワー減少、燃費の悪化等という症状が出る場合があります。

 

 

※「チョイ乗り」しかしないと燃費が悪い?

また、いわゆる「チョイ乗り」ばかりしている車は、エンジンに良いとは言えません。

エンジンはある程度発熱した状態で、性能が発揮されるように設計されています。

短距離を走るだけでは、エンジンが温まったころにはエンジンを切ることになりますから、

燃費も悪くなります。

それは、始動時はコンピューターにより暖気が終わるまでガソリン噴射量が多くなっています。

これはエンジンを始動しやすくと暖気の為です。

 

これがどういうことかというと、毎日乗っていても10分程度しか走らせていないと、

暖気が終わらないうちに走り終わってしまうということです。

これでは、常にガソリンが濃い状態ですので、車本来のエンジンの燃費性能を引き出す

ことはできません。

暖気が終わった時点で適正な空気とガソリンの混合割合となり、燃費はもちろんのこと

エンジンの性能が十分に発揮されるわけです。

 

 

※「チョイ乗り」は、燃焼室内にカーボンが堆積しやすい

暖気が終わらない状態ですので、ピストンが想定された状態まで温度が上がっておらず、

膨張しきっていないので首振り動作が大きく、気密性が低い状態での運転となり、

ブローバイガスが増えます。

 

こうなりますと、吸気系に含まれるオイルも多くなり、燃焼室でのカーボンの堆積

ピストンリングの汚れも増加します。

 

必然的にエンジン内に カーボン が溜まりやすい状況になります。

これがまた、圧縮圧力の低下ブローバイガスの増量になり、エンジンオイルの

劣化(燃料希釈・粘度低下)を促進させる悪循環となります。

 

 

最近は、燃費の為にと、アクセルを踏み込まない走りやエコモード等のエンジン回転を抑えたトロトロ走りは、

燃焼室内にカーボンが堆積しやすくなり、吹け上がりがもたつくような感じになり、高回転域の伸びも非常に悪くなります。

チョイ乗り・ストップゴーの繰り返し・アイドリングストップ採用・低回転域の常用等の走りで

エンジンオイルにも燃焼室から吹き抜けた未燃焼ガスが混入し劣化(燃料希釈・粘度低下)を促進させる

ことになります。

チョイ乗りの方の車は、総じて走行距離が伸びるのが遅い為、エンジンオイル交換も遅れがちになり

車・エンジンにとっては良くない環境です。

 

 

※ LSPI とは

近年、自動車メーカーでは省燃費が至上命題であるため、

ガソリンエンジンのさらなる高効率化が図られています。

少ないガソリンからより多くの力を引き出すため、

燃料の筒内直接噴射化(直噴化)や 高圧縮化が図られ、

低回転高負荷状態 での運転条件が増える結果となっています。

 

この際に問題となるのが LSPI (Low Speed Pre-Ignition : 低速早期着火) です。

 

この LSPI の説明をする前に、まずノッキング について説明したいと思います。

 

ノッキングとは、コンコン・キンキン・カリカリといったノック音を発する現象の事です。

正常な燃焼では、スパークプラグにより点火された

混合気(ガソリンと空気が混ざった物)が 火炎となって

燃焼室内に燃え広がりますが、何らかの理由で正常な燃焼が始まる前に、

着火が起きてしまう事があります。

 

この予期せぬ着火による圧力は、燃焼室内に衝撃波を生み、

コンコンといった音が発生します。

 

そして、この予期せぬ着火がプラグによる点火タイミングより前に

発生する プレイグニッション の事を LSPI といいます。

 

この LSPIノッキングの原因となり、

異音の発生エンジンの磨耗 につながる現象なのです。

 

LSPI が起きるメカニズム、まずインジェックターから

噴射されたガソリンによるシリンダー壁面で オイル希釈 が起き、

希釈されたオイルが 燃焼することで

デポジット(ガソリンやオイルの不完全燃焼生成物)

シリンダー上部ピストントップランド付近 に生成します。

 

この デポジット が燃焼室内で熱を持ち 火種になってしまう事で、

本来の点火タイミングより前に、

プレイグニッション として 異常燃焼 が発生します。

 

IMG_6158IMG_6156

 

ノッキング対策が進んでます!

軽症の場合、多少のブローバイ増加・オイル消費程度 で症状に気付かない場合も・・

 

IMG_6987

 

レガシィのリコールについて

直噴ターボエンジンを搭載した車両において、エンジンコントロールユニットのプログラムが不適切なため、

高負荷運転時にプレイグニッションが発生し、点火プラグやピストンが損傷する場合がある。

そのため、警告灯点灯、車体振動が発生し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

メーカーはCPU補正で対策

 

 

注意!! クリーニングメンテナンスの重要性!!  ←クリック

 

 

燃焼室洗浄システム「CCCS (トリプルシーエス)」は、

燃焼室に付着してしまった汚れをクリーニングし、

燃焼状態を改善させ、エンジンコンディションを回復させます。

 

CCCS 施工事例

更新日:

Copyright© ラッフルズオート トルコン太郎設置店 ワコーズ正規取り扱い店 , 2019 All Rights Reserved.